GOLOY33 BLOG

GOLOY33も春バージョンになりました。

こんにちは。
株式会社アンビシャス 代表の桜田です。

今日は立春です。
暦の上では今日からが春になります。

GOLOY33のページも春バージョンにリニューアルさせて頂きました。

昨日の節分、豆まきをしたり恵方巻きを食べましたか。
よく、節分には年の数だけ豆を食べるとその年は無病息災で過ごせるといいます。
しかし、私の場合はすでに50歳を超えているので年の数だけのお豆を食べるとその次の瞬間にお中の具合が悪くなりそうなので、ほどほどでやめておきました。

そして、恵方巻き、
もともと、関西の風習だったようですが最近は日本全国のイベントになりつつあるようですね。
今年の恵方は北北西です。
昨日はみんな一斉に北北西を向いて太巻きを食べていたのを想像すると少し笑ってしまいますね。

この恵方についてミニ知識です。
本来、この恵方とは陰陽五行説からきており、その年の干支により歳徳神(としとくじん)のいる方角が変わります。
今年は酉年なので、歳徳神のいる場所は北北西になります。

何かするときは歳徳神のいる方角に向かって行うと上手く行くという言い伝えが昔からあり、年が始まる(昔の日本は立春から年が始まりました)最初の日に太巻きをたべて縁起を担いだのでしょう。

昔の日本は立春ばかりでなく、季節に合わせ24の季節に分けさらにそれを初候、次候、末候と分け72の季節に分割していました。
そして、それぞれの季節に名前と意味をつけていました。

たとえば、今は立春の初候で「東風が厚い氷を解かし始める」季節です。
また、春分の初候は「雀が巣を構え始める」といった具合です。

自然と共に人々の生活があったことが良くうかがえるのと同時に日本は季節に富んだ素晴らしい国だなと改めて感じ入ります。

GOLOY33はスイスで生まれましたが、そのコンセプトは昔からの日本の考え方に共通するところが多くあります。
特に自然環境を大切にして、化学添加物や動物性の成分を一切使わない完全な植物性で出来た化粧品です。
さらには、多くの原材料は自然の中で育てその実が完全に熟すまでじっくりと栽培します。
なので、同じ成分でもまろやかなつけ心地の製品になります。

いつも自然とお話をしながら、自然と共存しながらGOLOY33は作られています。

ありがとうございます。

関連記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。