GOLOY33 BLOG

乾燥ケアで私がした(やめた?)こと

こんばんは。GOLOY33アンバサダー周藤智代です。

今日はズバリ!ブログタイトルの結論から!

乾燥ケアで私がした(やめた?)こととは…

ダブル洗顔をやめました!

 

やめたワケ。それは変化。

私がgoloy33に出逢い、使い始めたのは

昨年2016年10月。

それまで使っていたスキンケアラインは完全にストップし

GOLOY33スキンケアの基本3ステップのみでお肌の変化を試してみたんです。

朝、晩、しっかり使って2週間。

お肌にこんな変化が表れていました!!

実感としては、今までずーっと当たり前のように使ってきた化粧水を使わなくとも水分不足は感じない!

goloy33には化粧水がないのです!

カテゴリーで言うなら

ブースターの乳液→美容液→クリームです。

さらには肌の色のトーンアップを実感。

シミ、そばかすも個人的には気にならなくなったので

ファンデーションを薄づき仕上げのミネラルファンデーションに変えたんです。

(goloy33にはメイクアイテムはありませんので他社製品です。)

このファンデーションが洗顔で落ちると言われていたので

ファンデーションを塗ってもダブル洗顔は不要となったわけです。

加えてgoloy33の乳液・クリーンヴィータは角質ケアができクレンジング効果もあると聞いたので

それならなおさらダブル洗顔はしなくていいや〜となりました。

あっ!ただ私は眉も描きますし、アイメイクもします。

なのでこちらはポイントメイク落としで落としていましたよ。

 

日本人は潔癖!?落としすぎ!

goloy33の本国スイスの方は

なぜ日本人はそんなに落としたがるのか!?

と不思議に思うと言います。

なぜなら日本では当たり前のクレンジングや洗顔料にあたるものがgoloy33にはないため

日本に上陸するとなった時に日本側のスタッフが

クレンジングや洗顔料はないのですか??

と聞いたから。

私個人的には、この考え方の違いには…

メイク習慣の違い

があると思っています。

実際にスイスでの生活を経験している方にうかがうと

スイス人はあまりメイクしないのよ。

あんなにしっかり、ばっちり、メイクをしているのは

中国、韓国、日本のアジア人くらいじゃないかしら?と。

確かに…

私、高校は英語科に通っていたのですが

普通科の高校に比べて外国人の先生が圧倒的に多いんです。

アメリカ本国、ハワイ、アイルランド、オーストリアなどの英語圏の方に加えて

スペイン、ペルー、フランス、ドイツなど多国籍でした。

振り返ってみるとバッチリとメイクしていたのは

南米ペルーの先生のみで、しかも強烈な香水まで笑

他の先生はとてもナチュラル、というかスッピンだったんじゃないかな〜

さらには日本のメイクアイテムって「落ちない」という点において優秀でしょ?

落ちないマスカラ、落ちない口紅…

これってつまりはクレンジングは必須!

強いては専用クレンジングが必要なものも珍しくない!

そしてメイクはしっかり落とさないと肌に悪いというのが定説。

まぁ肌だってこんなに塗りたくられるとは思ってませんからね笑

肌に何か塗るというのは

肌の仕組み(ターンオーバーやバリア機能など)から考えると

摂理に反するか…なんても思える。

そんな不自然とも言えるものは

しっかり落とさないと!というのも頷けるのです。

 

必要なものまで落としてませんか?

そんなメイク文化の違いはあれど

私自身やはり今まで落としすぎだったな〜と確信した出来事がありました。

ダブル洗顔をやめてからも一度だけ

ダブル洗顔をしてしまった時があります。

それはポイントメイク落としがなくなってしまった時。

顔全体のクレンジングをした後も

アイメイクが落ちていない…

洗顔料を使って落とそうと試みたのです。

もうこの日はお風呂からあがってすぐに後悔しました。

乾燥具合が半端ない!

水分、油分を補っても補っても乾燥を感じる…

この大失敗の代償は翌朝まで!

朝起きたらもうすでに乾燥を感じる…

お肌に本来残すべきものまで取り去ってしまうと角質層が乱れ

お肌に水分をとどめることができなかったり

バリア機能が低下して紫外線や空気の乾燥(これからの時期は花粉もね)の影響をもろに受けます。

少し前の私は奪われた分は補えば大丈夫でしょ〜

なんて思ってたのですが

そうすると奪う→補うのエンドレスループにはまり

一向に肌の根本的改善がはかれません!

 

乾燥注意報が出るほど空気が乾燥するこの時期に

お肌の乾燥が気になるあなた!

もしかして補うことを考える前に

落とす習慣を見直すべきなのかも!?

 

ご参考になれば幸いです♡

関連記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。